所有者が亡くなった車を相続する場合、運転するだけならば相続手続きだけでもよいのですが、その車を廃車として処分したり売却したりする場合は名義変更という手続きが必要です。
その名義変更をするにはどうすればよいのか、そして名義変更をしないとどんなデメリットがあるのでしょうか。
今回は亡くなった所有者名義の車の処理について説明します。

廃車を放置するデメリット

使用していなくても税金が発生します

親から相続した車を放置するデメリットには様々なものがあり、その1つは「税金が発生する」ことです。
車を所有すると自動車税や自動車重量税が発生し、毎年それを納めなければいけません。
この税金は車を使用している使用していないにかかわらず発生するものなので、廃車手続きなどに戸惑っていると、その分だけ支払う税金が大きくなっていきます。

保険の名義が違う為、保険が受けられない

自動車を購入するときは基本的に保険にも加入します。車の名義と同時に保険の名義も変えていないと、事故を起こしたときに保険の名義が違うという理由で保険が受けられなくなります。

本人あるいは本人から依頼された代理人以外は処分できない

車を処分できるのは本人あるいは本人から依頼された代理人に限定されています。
そのため名義が違う車を処分することは原則できません。

廃車の名義を変更する

相続しても名義が違う車というのはどうすることもできないので、相続車の処分する場合はまず名義の変更をするところからおこないます。最初は亡くなった方の証明に伴い戸籍謄本と除籍謄本が必要となります。

次は車の名義を変えるために必要な書類についてです。こちらは車庫証明、手数料納付書、委任状、車検証、印鑑証明書、自動車税申告書、実印の印鑑を揃える必要があります。なお車庫証明は車を使用する場所を変えるときに必要なものであり、警察署で申請すれば入手することができます。

これらの書類を揃えたら陸運局へいって車の名義変更をおこなってください。
こちらは新しい所有者が住んでいるエリアを管轄している運輸局で構わないので、例えば岩手県に住んでいる方は岩手県、宮城県に住んでいる方は宮城県を管轄している運輸局となります。

車を廃車するために必要な書類と費用

車の名義を変更することができれば、正式に相続車の処分を実施することができます。そしてそれをおこなうためには新しい所有者の印鑑証明書をはじめ、車のナンバープレート、車検証、手数料納付書、永久抹消登録申請書、自動車税および自動車取得税申告書を揃える必要があります。なおナンバープレートは前と後ろの両方を用意する必要があるので注意してください。

廃車手続きには費用が発生し、永久抹消登録の費用として100円前後、解体費用が3万円前後、車を明け渡す費用で1万5千円前後の支払いが必要となります。なお解体費用と明け渡し費用は、車からリサイクルできる部分やその価値によって価格が変わるので、その金額になった理由をしっかりと確認するようにしましょう。

買取をするときに用意すること

廃車手続き以外で相続車の処分をする方法としては相続車買取があります。
その際には自動車検査証をはじめ印鑑登録証明書、自賠責保険証明書、自動車納税証明書、リサイクル券などが必要です。

相続車買取をおこなう前にやったほうがいいことがいくつかあり、その1つが「社内の清掃」です。
買取をした車は清掃してから再度販売されるので、その前にきれいにしておくとクリーニング費用が浮くことになり査定額が上がる可能性があります。フロアマットを外して軽く水洗いをしたり、社内に小さなキズがあるときは市販の研磨剤で修理したりするようにしましょう。

2つ目は個人情報の削除です。車内のダッシュボードをはじめ、オーディオ内、ナビの中に個人情報が入ったまま買い取りに出す人がいます。業者が事前にチェックしてから販売していますが、不安があるようでしたら、買取をする前に処分するようにしてください。

まとめ

相続した車は名義を変更しないと、保険が受けられなかったり、買取などができなかったりするので、できるだけ速やかに名義を変更する必要があります。名義変更した後は自由に処分することができます。
TMカーリサイクルでは廃車・買取のどちらでも対応可能ですので、どちらにすべきか迷っているときはお気軽に一度相談してから決めてみてはいかがでしょうか。