車の事故や故障などに伴い「車を処分したいけれど、どのようにすればいいのか分からない」という人もいるのではないでしょうか?
そのような場合は車を廃車する必要があります。廃車とは車の登録を抹消、処分することで、陸運局の窓口に必要な書類を提出する廃車手続きが必要です。また、このような廃車手続きは自分で行うか、ディーラーや業者などに依頼することになります。
そこで今回は車の廃車に必要な手続き費用をパターン別に解説していきます。

自分で廃車手続きをする方法は?

車の廃車手続きを自分で行う場合は、必要な書類などを陸運局に提出する必要がありますが、廃車手続きには「永久抹消登録」「一時抹消登録」という2種類の方法があります。
永久抹消登録とは車の解体や登録の削除(抹消)を行い、今後乗用車として使用できなくしたり完全に公道を走れなくしたりする手続きのことです。また、永久抹消登録は車を解体するので完全に車の存在そのものが消去しますが、一時抹消登録は一時的に車が公道を走れなくする手続きのことで、盗難や何らかの事情により長時間車に乗る機会がない場合などは一般的にこの方法を取ります。さらに一時抹消登録をしている間は自動車税や自賠責保険料を納付する必要がなく、登録を解除すればまた従来どおり公道を走ることができます。
自分で廃車手続きをする場合はまず状況に応じてどちらの手続きにするのか確認しておきましょう。

自分で廃車手続きをする場合の費用は?

自分で廃車手続きをする場合の費用は永久抹消登録の場合、解体業者までの車の輸送費におよそ0~3万円、車のスクラップ代に0~3万円、リサイクル料金に7千円~2万円ほどの料金がかかります。この中で解体業者まで車を運ぶ輸送費は車を運ぶ距離や業者によって料金が異なり、自分で車を持ち込む場合費用はもちろんかかりません。また、スクラップ代は交渉次第で鉄くずとして買い取ってもらえる場合があるので、詳しくはスクラップ業者に確認しておくといいでしょう。

次に一時抹消登録を行う場合は、ナンバープレートを外して車検証、申請書、印鑑証明書などの必要書類と一緒に陸運局に提出する必要があります。一時抹消登録でかかる費用はこのナンバープレートを外す費用と廃車手続き費用の350円が必要ですが、自分でナンバープレートを外す場合は費用がかかりません。しかし業者に依頼すると車を運ぶ輸送費がかかるので、この場合も輸送距離によって料金が異なるため依頼する業者に料金を確認しておくといいでしょう。

廃車手続きをディーラーに頼む場合の費用は?

現在の車を廃車にしてディーラーで新たに車を購入する場合は、ディーラーに廃車を依頼するのが効率的です。ディーラーに手続きを依頼する場合は、手続き手数料として1~2万円、一時抹消登録の場合の抹消登録費用に350円、車の下取り手数料に1万5,000円~2万円の費用がかかります。また、車をディーラーに引き取ってもらう場合は、引き取り費用として2万円ほどかかりますが輸送距離によって異なるため確認しておくといいでしょう。

廃車手続きは買取業者でやるとお得?

車を廃車する場合は買取業者で買い取ってもらうこともできます。廃車専門の買取業者は車の部品や鉄などをリサイクルしたり海外で再利用したりするため、事故車や故障車でも車の状態によっては廃車にかかる費用が無料なだけでなく、車を現金で買い取ってもらうことができます。換金ルートもきちんとあり、手間もディーラーとほぼ変わらないため、時間と手間、そして買取により料金が節約できるのでおすすめです。但し注意点として廃車専門の買取業者はたくさんあるため、業者選びは信用できるところをきちんと選ぶようにしましょう。

宮城県・岩手県で廃車専門の買取業者を探すならココがおすすめ!

廃車専門の買取業者に頼む場合、せっかくなら少しでもお得に車を買取してもらいたいですよね。

もしも宮城県岩手県で買取を考えている場合は、「TMカーリサイクル」をおすすめします。TMカーリサイクルは車の廃車・買取の査定を24時間・年中無休で受付している宮城県岩手県を中心とした地域密着型の専門店です。平日仕事などで忙しく、週末しか時間がなくても土・日・祝祭日の引き取りや、平日夜間でも買取の相談ができます。また、廃車にかかる費用は無料で、車の状態によっては高価買取もしてくれます。見積りも無料なので安心できておすすめです。

まとめ

廃車手続きは自分でやる場合やディーラー、買取業者に依頼するなどさまざまですが、少しでも費用を抑えるのであれば買取業者がおすすめです。廃車専門の買取業者は査定や相談が年中無休で無料なだけでなく、廃車手続きに関わるレッカー代・書類代・準備などもすべて無料でできます。さらに車の状態によっては廃車手続きが無料になるだけでなく、高価買取も可能です。廃車手続きを考えている方は一度相談してみてはどうでしょうか。

<この記事を読まれた方は、他にこの様な記事をご覧になっています>

① 自動車売却に住民票や戸籍謄本が必要な場合とは

② 中古車を高く売るために気を付けるべきポイントとは?

③ 事故車・不動車・故障車でも買取してもらえるかもしれません