トヨタカローラは昔から日本の大衆車と呼ばれるほど普及していた車で、海外でも多くの人が利用しています。特に団塊世代には根強い人気があるため、少し古い型でも高い金額で買い取られています。今回は宮城県カローラ買取情報を詳しく紹介していくので、「年式が古いから高く売れなさそう」「なるべく良い値段で売りたい」と思っている方は、ぜひ参考にしてください。

カローラのうつりかわり

トヨタが製造・販売するカローラは、現在では12代目が現行モデルとして取り扱われていて、その歴史は50年以上にもなります。初代カローラは1966年に販売が開始され、「プラス100ccの余裕」というキャッチコピーで売り出され、当時の最新鋭の技術が詰め込まれた1台でした。その後も徐々に改良が重ねられ、1987年から1991年に販売製造された6代目カローラは、バブル絶頂期ということもあり販売台数は過去最高を記録して、大衆車と呼ばれるほど普及していったのです。しかしバブル崩壊後、不景気に陥った日本では低燃費性能が重視されるようになり、カローラもその影響を受けてハイブリッドタイプへシフトしていきました。

現在では2013年から販売されている11代目と、2018年から新しく登場したハッチバックタイプの12代目が市場に多く出回っていています。現在のカローラの見た目や性能は昔とかなり異なっていますが、手を出しやすい金額とコンパクトであるが十分に走る楽しみを感じることができる点は、何も変わっていないようです。

世界で愛されるカローラ

ひと昔前は大型のSUV車などが人気でしたが、現在では環境問題や低燃費を配慮した車が人気で、市場は明らかに変化しているようです。その中でも、トヨタカローラは特に人気で、2017年には世界全体での販売台数が116万台を突破していて、2位以下を大きく引き離しています。特に、北米や中国での新車販売台数は多く、中古車市場でも需要が大きいため高い金額で売買されています。また、古くても性能がほとんど落ちないので、発展途上国などではタクシーなどに利用されています。

カローラ廃車買取に出すなら

宮城県にはカローラ廃車買取してくれる業者がたくさんあり、一般的に行われている廃車の方法は、「車解体業車に処分を依頼する」「廃車業者に中古車処分を依頼する」「車買取業車に車を買い取ってもらう」「車ディーラーに下取りしてもらう」の4つに分けることができます。
車解体業者に処分を依頼する場合は、手続きや手間などがかからずに非常に楽と言うメリットがありますが、業者によっては処分費用を請求されることがあり、平均で3万円から5万円程度かかってしまいます。

ですが、そのほかの方法を利用すれば、費用をかけずに車を処分することができます。
例えば、車買取業者に中古車を買い取ってもらう場合は、解体処分を行うよりも高く売れる可能性があるため、お金を払うのではなく逆に業者側からお金を受けとることができる可能性があります。特にカローラは人気の車種なので、状態が少し悪かったり走行距離が多くても買い取ってくれる業者は多く、複数の業者に一括見積もりを出すのがおすすめです。

愛車の処分を考えている方必見!あなたのクルマ買取ります

宮城県カローラ処分に困っている方は、「TMカーリサイクル」がおすすめです。この業者は現在までの買取や廃車の実績が多く、安心して買取を任せることができます。また、カローラなどの人気車種は高価買取を行っていて、思ったよりも高い金額になることもあり、臨時収入を得ることもできるでしょう。ですから、「長く乗っているから売れるのか不安」「お金を払って処分しよう」と考えている方は、まず「TMカーリサイクル」に相談してみてください。1人1人に合った最適な値段でカローラを買い取ってくれるので、満足のいく取引ができるはずです。
宮城県岩手県でご検討の方はぜひご相談ください。