日産はさまざまな車を販売していますが、ノートは数ある日産車の中でもコンパクトカーの代表格としてとても高い人気を誇っています。日産ノートが市場で高い人気を維持している理由とはいったい何なのでしょうか。ここでは日産ノートの特徴について詳しく解説すると共に、これまでの歴史についても解説していきます。

日産 ノートの特徴

日産 ノートはコンパクトカーの中でも「トールタイプ」と呼ばれる少し大きなサイズに属します。通常のコンパクトカーよりも少し大きめに作られていることもあって車内空間は広くコンパクトカーに乗っているときに感じるような圧迫感はありません。また収納性を重視して開発されているためたくさんのものを収納できるというのも特徴と言えるでしょう。そしてノートはガソリン車とハイブリット車2つのモデルが販売されており、予算などに応じて選択可能な点も大きな特徴と言えるでしょう。

ガソリン車のメリットはやはり本体価格が安い点ではないでしょうか。最も低いグレードのモデルならば139万円程度で購入することができます。この価格ならば軽自動車を購入するのと感覚はそれほど変わらないでしょう。そしてハイブリッド車のほうですが、ハイブリッド車最大の特徴はノート独自の機構である「ノートe-POWER(イーパワー)」が搭載されている点です。ノートe-POWERはガソリン車と比較すると遮音性を向上させていてエンジン動作中の車内は静かになるような対策が施されています。またエコモードを選択するとアクセルだけで底度を簡単に調節することが可能で、ブレーキペダルを踏む必要がほとんど無くなります。そしてリッター約34キロという低燃費もハイブリッドタイプの忘れてはいけない特徴の1つです。

日産 ノートの歴史

ノートはそれまで日産の主力コンパクトカーであった「マーチ」の流れをくむ新たなコンパクトカーとして開発されました。「これまでのコンパクトカーにはなかった爽快な走り」と「使いやすい装備で自在に楽しめるコンパクトカー」をテーマにして開発は進められ、2004年のパリサロンで初めてお披露目されました。ちなみにパリサロンでお披露目されたときは「TONE」という車種名で発表されています。その後紆余曲折を経て現在の「ノート」という名称に変更され、2005年1月に初代モデルが販売されました。現行モデルは2012年にフルモデルチェンジが施された2代目ですが、現在でも好調な売れ行きを見せており、そのコンセプトは幅広いユーザーから高い評価を得ています。

ちなみに車名であるノートは英語表記すると「NOTE」になりますが、この名前には2つの意味が込められています。日産の公式サイトには「日常の何気ない音に混じり、また生活を記録することで使用者の生活の一部になってほしい」という意味合いを込めてノートという名前は付けられています。そして「NOTE」という名目にはもう1つ、車の収納に関する4つの頭文字を表しています。その4つとはそれぞれNから順番に「2段トランクモード」「オープンモード」「たっぷりモード」「イージートランクモード」です。

愛車の処分を考えている方必見!あなたのクルマ買取ります!

新しい車に買い替える際には古い車を売らなければいけませんが、中には十数年以上も乗っていて市場価値がほとんどなくどのお店に持って行っても買取してもらえなかったような車や、そもそも長年車自体に乗っていなかったため動くかどうかすら怪しい車を所有している人も居るのではないでしょうか。お車は所有するだけで維持費や税金がかかりますし、廃車同然の車を処分するのにもお金がかかるしで頭を悩ませている事でしょう。
そんなときは宮城県にあり、「廃車コンシェルジュ」としても知られている「TMカーリサイクル」にお問い合わせください。「TMカーリサイクル」では費用をかけずに車の廃車処分が出来るのはもちろん、ほかの店では査定値がつかないような車でも高く買取りできる可能性があります。

ちなみにどうして廃車同然の車でも買い取るのかというと現在はネットでの販売によってパーツごとに販売が可能になったため、たとえ動かない車であっても十分利益が出るような体制になっているからです。そしてたとえ日本での市場価値が低い車であっても海外では日本車自体にとても高い価値があるため、海外に車を売りに出すことでも利益が確保できています。
宮城県岩手県でご検討の方はぜひご相談ください。

<この記事を読まれた方は、他にこの様な記事をご覧になっています>

① パターン別の車の廃車に必要な手続きと費用について

② 中古車を高く売るために気を付けるべきポイントとは?

③ 事故車・不動車・故障車でも買取してもらえるかもしれません

④ 自動車売却に住民票や戸籍謄本が必要な場合とは